水引館 みずひきやホーム
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   サイズについて 字の見本 法人様向け商品ページ

  1. ホーム
  2. 京水引あれこれ
  3. 祇園祭と京水引 

【京水引あれこれ】 祇園祭と京水引

祇園祭と京水引

 

なんと、京水引と同じ絹糸を巻いた水引が祇園祭の伯牙山に使われていました!

平成9年、伯牙山の胴掛等の新調にあたり、
龍村美術織物にて調査の結果、
絹糸を巻いた水引が 胴掛の房の一部に
使われていることが判明しました。

2008年7月15日の宵々山の日に、
伯牙山を撮影してきました!

 

祇園祭の山鉾は大半のものが、
天明8年(1788年)の大火によって焼失し、
その後復元されましたが、
この伯牙山は焼失しませんでした。

この絹巻水引の使われていた胴掛は焼け残り、
江戸時代前半のものと思われます。
その当時の絹巻水引が現存していたのです。

その頃は、紙を漉き、
その紙に一手間加えた手こぎ水引に、
さらに絹糸をまいた水引ですから、 宝石よりも
貴重なものとして取り扱われていました。

宝石より軽いため、丸く結んで宝石のように
房のところに使われています。

祇園祭 伯牙山

 

当時の伯牙山の胴掛
[当時の伯牙山の胴掛]

新調された伯牙山の胴掛

[新調された伯牙山の胴掛]
小さく丸く結ばれてる紺と朱の京水引は
当社製でございます。

この胴掛の新調にあたり、
以前から絹糸を巻いた水引、
京水引を作っておりました当社で協力させて
頂きました。

現在の胴掛の房の所に、小さく丸く結ばれている
紺と朱の京水引は当社製でございます。

当社では、もともと絹巻水引と称していたのですが、他社によって機械水引で同じようなものを作り始められたため、京都への小売店出店を機に、
京水引と改めました。

 

祇園祭りの伯牙山に使われ、
名実ともに京水引となりました事を
うれしく思っています。

当社の京水引はもちろん
手こぎ水引からできています。

房のところの拡大写真
[房のところの拡大写真]
この丸い紺と朱が絹巻水引で出来ています。


伯牙山の方に許可を頂いて、
2008年7月14日(祇園祭 宵々々山) 15日 (宵々山) に 撮影致しました。

当店の水引が、房の部分に使われています。 (写真をクリックすると拡大します)

 

祇園祭 伯牙山
伯牙山 水引の玉
房部分の、丸い紺と朱が、当店の水引です。
水引に巻いてある細い糸は、人間国宝の方に染めて頂きました。
伯牙山
伯牙山
伯牙山
伯牙山
伯牙山 琴
伯牙山

琴の名人である伯牙。琴も大切に飾られていました。

祇園祭
祇園祭
祇園祭
祇園祭
祇園祭
祇園祭
祇園祭
祇園祭




 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る