水引館 みずひきや祝儀袋(のし袋)の水引館 みずひきや
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   祝儀袋のサイズについて 文字の見本 

ショッピング

祝儀袋(結婚祝い)
祝儀袋(その他)
ポチ袋・ポチ封筒
香典袋(不祝儀)
京水引工芸品
御祝用品
水引素材




How to !

冠婚葬祭の質問集
京水引あれこれ
ご祝儀講座
京水引教室


お買い物サポート
御祝、水引のことなど、どうしたらいいかわからない?とお困りの方。

字の見本
店長におまかせ
お問い合わせ窓口
よくあるご質問
お客様のお声
驚きの商品達
伝統の技を京都から

ご注文方法

ご注文方法・送料等
発送について
メール・FAXでのご注文

 

ご購入額の5%の
ネットマイルプレゼント

ネットマイル

インフォメーション

法律に基づく表示
プライバシーステートメント

個人情報の取扱
会社概要
地図・交通アクセス
店長ごあいさつ
リンク集
更新履歴
メールマガジン購読
新聞・雑誌他掲載
作者ギャラリー

株式会社 水引館(みずひきや)
〒605-0846
京都市東山区五条橋東
6丁目506
チサンマンション605号

定休日:土・日・祝日・
     第3木曜日
営業時間:10時〜17時


京水引教室

京水引教室 <第5回> 祝儀袋《熨斗袋、金封》五色
祝儀袋  五色

御出産のお祝に
御入学のお祝に
御寺の落慶などのお祝に (この場合は熨斗なし)




五色 2尺1本
ボール紙 少々
手漉き奉書 1/2枚
熨斗 少々
用意するもの はさみ
  デザイン:久子

1.

ボール紙で18cm×10.5cmの型紙を作ります。

写真のように型紙の右の上下に線を引きます。

右上の線:上から1.5cmのところと、右から4cmのところを結ぶ

右下の線:下から4.5cmのところと、右から1.8cmのところを結ぶ。

2.

型紙の線を手漉き奉書に合わせます。

仏事の場合は、

下の線だけを出しております。(写真右)

3.

型紙に沿って折ります。

4.

3で折ったところが一番外側になるので、

3で折った線より少し内側に、型紙をおき折ります。

5.

4より、多めに内側に型紙をおき折ります。

6.

5で折ったところから順番に

内側に折っていきます。 折り方によっては、

内側に折るとはみ出す場合は、

はみ出さない程度に下ります。

7.

袋の出来あがりです。

8.

五色の水引の中央に7で折った袋をおき、水引を結びます。

右側の水引を上にして、交差のところを右手に持ち替えます。

左の水引の下に左手で下に入れます。

9.

結びの中央を左手中指で

しっかり押さえます。

右の水引を上にして、

左の水引の下に入れます。

一気に結びます。


10.

結んだ残りの右側の水引を丸く、しごきます。 ここでは、手を離しても水引が丸くなっているくらい、力を入れてしごきます。

11.

左側の水引も丸くしごき、

右側の丸の中へ、水引を入れます。

もう一度入れます。(写真右)

12.

熨斗を作ります。 熨斗を長さ15cm、

巾1cmで上のほうが細くなるように切ります。

13.

熨斗を結びます。 結んだ残りは長ければ切っておきます。

月謝袋 あじさい

13で作ったものに熨斗を付けて

出来あがりです。

御寺のお祝などの時は、

熨斗はいりません。

仏事の場合は、水引を丸くせず、

切 っておきます。

写真をクリックする拡大写真がみられます。



 1. 紙も奉書でなくてもきれいなもの、お気に入りの紙を使ってください。

 2. 紙が小さい時は、型紙を小さくして折ってもかまいません。

 3. 水引を金銀にすれば、ご結婚のお祝に。 赤白にすればお祝全般に使えます。

 4. 熨斗も、水引で結んだものにするとか、絵の得意な人は花の絵などを書いてみてもいいでしょう。

   のしと墨で書いても良いと思います




 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る