水引館 みずひきやホーム
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   サイズについて 字の見本 法人様向け商品ページ

  1. ホーム
  2. ご祝儀講座
  3. 香典袋へのお金の入れ方・渡し方 

【ご祝儀講座】 香典袋へのお金の入れ方・渡し方

 

お香典袋へのお金の入れ方について

切手盆 お香典袋中袋を上包みの裏に挟んでいるのをよく見かけますが、
正式には、上包みの中に入れます。
上包みの中に入れるのは結構、大変です。

水引を抜こうとする方が多いようですが、
これをすると、紙が折り重なっているため、
とてもはずしにくく、紙を傷めてしまったり、
水引の向きがわからなくなってしまったりします。

まず、紙を抜きましょう。 下記の写真の手順でお入れ下さい。

 

お札について

新札は「前から準備していた」と思われるので、使い古しのお札を入れる、
と言われますが、お葬式は突然ですので、新札を用意できない場合もあり、
使い古しのお札しか入れられない場合もあるため、このように言われるようになったのです。

人様に差し上げるものですから、あまりに使い古したお札では、
やはり頂いた方はあまり良い感じはしません。

できれば 新札にしましょう。できない場合はできるだけきれいなお札を入れましょう。
本来、水引を結ぶことは、
「水を引いてきれいにしました、中身は清浄なものです 。」
と言う意味を 込めるために水引を結ぶのですから、
使い古したお札では、何のための水引なのかわからなくなります。

気になるようでしたら、新札を半分に折って 一度折り目をつけましょう。

 

渡し方について

直接手でお香典袋を持って、渡すことは失礼に当たります 仏事用風呂敷 グレー
単に手が汚れていると言う事だけでなく、
日本では古来より、人はいろいろな意味において
不浄なものとされています。

そのため、人様に差し上げる物を直接手で持つと、
その不浄なものを移すことになるのです。

ですから、正式にはお香典袋を切手盆にのせ、
風呂敷
に包んで持参
します。
せめて、風呂敷には包んで持参下さい。 (右の写真)

ご自宅でお坊様に御布施などを渡す場合は、
切手盆にのせてお渡し下さい。



■お香典、お供、御布施などに
香典袋 はす 香典袋 菊 香典袋 双銀 香典袋 黒白 黄白 法事に。 黒白 御車料など 黄白 御車料などに。
■キリスト教
ゆり キリスト教 十字架 キリスト教
■お買い得セット
香典袋 香典袋 お買い得セット ご注文は写真をクリック

 

中包み(中袋)へのお金の入れ方
中包みを広げます 中包み

中央にお金を入れます。

「お葬式の時はお札を裏返して入れる。」 と
言われることもあるようですが、
そのようにする必要はありません。

死の世界は、 この世とは逆さになっていると
考えられていて、死の世界へ 送り出すにあたり、
死の世界のきまりに従って、
死者に着せる着物を左前にするなど
逆さまにしますが、
お香典は死者にお供えするものですから、
逆さにしなくても良いのです。
お祝いと同様にお入れ下さい。

お金の向き

元通りに折ります。

裏の「〆」と書いてあるところは、
糊などで貼って下さい。

お金の向きお金の向き
出来上がり! 中包み

 


中包みを不祝儀袋へうまく収める方法

水引を抜こうとすると、紙が折り重なっているため、
とてもはずしにくく、紙を傷めてしまったり、
水引の向きがわからなくなってしまったりします。

そこで、水引を外すことなく、祝儀袋の中へ中包みを入れる方法が
ありますので、ぜひ実践してみて下さい。

双銀
裏に返して、水引から紙を抜いていきます。 お金の向き

下から、中包みを入れたところです。 
中包みを上まできっちりと入れましょう。

中包みは金額を書いてある方が表ですから、
上になるように入れます。

お金の向き
再び裏に返して、上の紙を差し入れます。
(仏事の場合は、 裏側の折り方だけがお祝いと異なります)

「よくないことは、上から下へ水に流しましょう。 」
と覚えておくといいですよ。
お金の向き

 

お香典袋への書き方・薄墨について

お香典袋の
【上】⇒ 御香典 御仏前 など
【下】⇒ お名前
【中包み】⇒金額を書き入れます (例:金参萬圓也)

金封の書き方(仏事) 中包み裏

 

■中包みの金額には 「也」 を付けます

「也」は、 ”そのあとの端数はありません” という意味ですので、
お祝いでも 仏事でも 「也」を付けるのが正式です。
ただ、5千円程度の金額で、 簡単な香典袋に入れる場合は 五千円とだけ書いてもかまいません。

 

■中包みの裏には、「〆」 と書きます

「封」をくずした字は 「寿」と思われる方が多いので、 当店では、仏事の場合は「〆」にしています。

 

■中包みに 住所は要りません

市販されているお香典袋には、 中包みに住所を書く欄があるものもありますが、
誰にもらったものかわかる場合は、住所まで書く必要はありません。

ただ、お葬式において、故人の知り合いで、ご家族とは面識がない場合は、ご家族の方にわかるように、ご住所などもお書き下さい。

 

■黒い文字で大丈夫です

「涙で墨が薄まった」とか 「急いで駆けつけたので墨をする間もなかった」などから、
薄墨で書くように言われますが、これも最近言われ始めたことです。

写真のように、本当に墨をすって薄墨で書くと、機械漉きの紙ならうまく薄く書けますが、
手漉きの紙に書くとにじんで、 うまく書けないのです。
当店では普通に黒い字で書いております。

※薄墨で書くことをご希望の方は、ご注文ページの 【ご意見・ご要望】欄に
【薄墨希望】とご記入下さい。
特に会社名など字数が多い場合は、にじんで、 かなりわかりにくい文字になることを、
ご了承下さい。

お香典袋 薄墨

薄墨

 

■【香典】 と 【香奠】 どちらでもかまいません

昔は「香奠」と書いていましたが、 「奠」の字が常用漢字でないため 、「香典」と書く事が多くなって
います。
漢字の意味からすると、「香奠」の方が適切です。

 

水引館では香典袋に毛筆で お名前など書き入れ、 遅くとも翌日には発送しています。
どうぞ、ご利用下さいませ。


 


 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る