水引館 みずひきやホーム
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   サイズについて 字の見本 法人様向け商品ページ

  1. ホーム
  2. 京水引教室
  3. ぽち袋の作り方 

【京水引教室】 ぽち袋の作り方

京水引教室 <第2回> ぽち袋

ポチ袋 山吹

お正月のお年玉、簡単な御祝儀、
ちょっとした御祝、御礼などに 。

デザイン:久子

手作りキットのご購入はこちら

完成品のご購入はこちら

 


手漉き檀紙1/4切り 1枚
京水引 1.5本
本熨斗 少々

用意するもの
はさみ、のりまたはボンド
ボール紙 1枚

作り方

1.
ボール紙で9cm角の型紙を作ります。
左から3mmのところに線を引きます 。
2.
手漉き檀紙を型紙の左の線に合わせて、
型紙に沿って折ります。
手漉き檀紙の波が横になるように
使います。
3.
裏に返して、型紙を中央に置き、
上と下を型紙に沿って折ります。
御祝の場合は、下の方を長く折ります。
仏事の時は、反対に上の方を長く折ります。
4.
水引を半分に切って、3本どりで結びます。
右側の水引の方を少し長めにします。
5.
右を上にして、結びます。
6.
結びの中央を押さえて結びます。
7.
熨斗を作ります。 熨斗を長さ10cm、巾1cmで
上のほうが 細くなるように切ります。
8.
熨斗を結びます。
結んだ残りは長ければ切っておきます。
ポチ袋 山吹
切り口になるところにのりかボンドをつけ、乾いたら切ります。
8で作ったものに熨斗を付けて出来あがりです。

仏事の時は、熨斗はいりません。

1.仏事用で使う時は、仏事用に檀紙を折り、水引は黒っぽいもの、淡い色を選びます。
  熨斗もいりません。

2.紙も檀紙でなくてもきれいなもの、お気に入りの紙を使ってください。

3.紙が小さい時は、御札が4つ折りで入るくらいの大きさに折ってもかまいません。

4.ハンカチなどをプレゼントにする場合は、もっと大きく折って使ってください。

5.熨斗も、水引で結んだものにするとか、絵の得意な人は花の絵などを書いてみても
  いいでしょう。   のしと墨で書いても良いと思います。

 



 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る